フレチブルーミーティング2015レポート

去る10/17-18の土日でルノー岡崎は国内フランス車最大の祭典フレンチブルーミーティング(以下FBM)に参加してきました。

今年で29回目を迎えるこのイベントは、元々シトロエン2CVのファンミーティングから始まったイベントをどんどん規模を大きくしていったものだそうで、今回は3千台を超えるフランス車が長野県は車山高原に集合する一大イベントとなりました。
2日間に亘って開催されますが、土曜日はフリマと映画祭とオフィシャルホテル宿泊客だけの前夜祭、日曜日は各ショップがそれぞれブースを構えてお宝グッズを販売するテント村や、泥んこジムカーナ、お子様だけのお絵描き大会、ビンゴ大会など多くのイベントがありますので、初参加を検討中の方は日曜日の朝から参加するのがオススメです。

今年の展示車両はこちらの2台。
ルーテシアR.S.シャシーカップ ブラン・グラシエとキャプチャーINTENSイヴォワールxノアール。テーマは”Blanc et Noir(フランス語で白と黒)”。どちらも白ベースにグラデーション入りの黒ストライプを施したルノー岡崎オリジナルドレスアップバージョンです。会場で「これやると幾らですか?」と何度も聞かれましたが、気になる方はルノー岡崎へ。前から後ろまでストライプ入れて大体7万円くらいですよ。さすがに車両ごとの即売はしませんでしたが(笑)

他にもレアなルノーグッズをたくさん積み込んで岡崎を後にします。参加はルノー岡崎からフレンチマニア杉浦、ガレージ新和からローバーmini乗り新人Tくんです。

AM10、洗車をして、杉浦はキャプチャーTくんはルーテシアR.S.で出発!ルートは岡崎IC→東海環状道→中央道→諏訪IC→現地という流れ。休みなく行けば3時間ちょいですね。

東海環状に入ってすぐの鞍ヶ池SAで水分補給と買い出しをして、再出発。天気も良く週末という事もあり、バイクの集団や家族連れがたくさん。この時点ではまだまだフランス車は見かけません。

AM11:45、徐々に紅葉が多くなる道路上を2時間近く走り駒ヶ岳SAでお昼休憩とします。この辺りからフランス車を見かける事が多くなり、2CVを抜かしたり、ルーテシア4R.S.に抜かれたりとだんだんテンションが上がってきます。
おっと、2週間前にメガーヌHB1.2GT-lineを納車したばかりのY様では無いですか!納車から既に2千㎞も走って頂いているとの事。現地での再会を約束しそれぞれ休憩です。

ここでソースかつ丼を食べたかったのですが、混雑していたのでソースかつバーガー。美味しゅうございました。

参考までにここまでの燃費。6.2L/100km=16.1km/L!キャプチャー燃費良いですね!そして走りの良さとシートの良さ!アップダウンやコーナーがキツイ中央道もすいすい走れます。何より腰痛持ちの杉浦が痛くならないという出来の良さ。やはりルノーはいい!
ここから後もスムーズそのもの。諏訪インター辺りでは視線に必ずフランス車が居るという日常ではあり得ない光景に思わず笑みがこぼれます。

PM12:45、諏訪を降りたらビーナスラインを経由し車山高原に向かいます。む、山の方は雲がかかっている?

九十九折の山道の紅葉を横目にそのまま進むと白樺湖辺りでにわか雨。天気予報通りだったので特に心配はせずに現地へ向かいます。

PM2、現地到着!当たり前だけどメイン会場は関係者だけの車が乗り入れているだけで閑散としています。いつもの場所にピットイン。荷物を野晒しのテーブルに置くわけにもいかないので、開催委員のHさんに挨拶だけしてルーテシアR.S.を置き、キャプチャーで本部のあるスカイプラザに向かいます。

いつもだと夕方位の到着なので時間がありませんが、今回はスムーズに現地到着だったので見て回る時間がある!3回目の参戦にして初めてフレンチフリーマーケットに顔を出してみます。駐車場は満車で暫く待たされますが、行き交うフランス車を見てると待機時間も苦になりません。
お、あのマロン・ショコラMのカングーはY様と、オランジュのカングーペイサージュはT様のですね。

こんにちはー。会場に入ると、お宝が満載!ミニカーショップ、キーホルダーショップ、ミリタリーショップ、地元の食材、縁日のようなおもちゃショップ、買い占めたくなるようなグッズが盛りだくさん。

それも楽しいけど駐車場も博物館のような状態!2CV、キャトルは当たり前のように居て、マトラ、サンクターボ、プジョー309、アルピーヌA110など本でしか見たこと無いようなクルマがたくさん!

極めつけはコレ!名前がスッと出た貴方はすごい。
そう、パナールです。入り口付近に居た方が一斉に写真を撮っていたので、ここに来る様な方でも相当珍しいのでしょう。良いもの見せてもらいました。なお、今回はここでプジョー・シトロエン・ジャポンさんが最新モデルの試乗会を行っておりました。むむ、今度はルノージャポンもやってくれないかな。

PM3:30、フリマ会場を後にして一旦下山。明日の朝食を調達。高原道路ではたくさんのフランス車とすれ違います。景色も最高!とても日本に見えない風景が続きます。

PM4、ホテルにチェックイン。毎年恒例のスカイパークホテル。やっと落ち着いたのでTくんと値札作りに没頭。ひとしきり書き終えたらちと休憩。前日からの疲労で寝落ちしてしまった。

PM7、晩御飯。同行するカエルナラのIさん夫妻とディナーブッフェに向かいます。お、今年は和風なんですね。炊き込みご飯と蕎麦が美味しい。といいながらソフトクリームマシーンを何度も往復する杉浦です。

PM8、お腹を満たしたら夕方フリマをやっていたスカイプラザへ。

宿泊客だけが参加できる前夜祭「車山パリ祭」を見に行きます。

立食パーティ形式でライブやビンゴ大会、FBM公式グッズ販売など、ホールは大勢の方で賑わっています。色んな方と挨拶を交わし、後ろ髪引かれながら明日に備えて退場です。
ホテルにある大浴場と露天風呂で身体を休め、10時過ぎには就寝します。おやすみなさーい。

AM4:30、起床!カーテンを開けるとうっすら山と空の稜線が見える程度。空は手の届きそうな満点の星空!うりゃーと厚着して会場へ向かいます。
おっと、カエルナラのIさんに先を越された。夜露に濡れたテーブルを並べて拭き吹き、商品をテキパキ下ろし並べます。たくさん売れますように。

少し遅れて他の業者さんも並び始めたころ、徐々に空が明るくなります。良い天気になりそう!

AM7、朝一番乗りさんたちが少しずつ来場。良い物は朝イチで売り切れるので下見とのこと。さすが分かってますねえ。お目当ての品は見つかったでしょうか?
今年人気があったのはジャンク景品100円コーナー、3inchミニカー、小さなルノーが水の中に浮いてるメモホルダー(カングー2、キャトル、ルーテシア4、アルピーヌA110などがラインナップにあります)。意外なところではルノー純正香り付きウォッシャー液。持ってきた全てが完売。む、来年はもっと増やそう。大きいところではホイールセットもご購入頂けました。お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございます!

ここからはもうずーっと立ちっぱなし売り子さんに徹底。日中は汗ばむほど良い天気で、皆様も財布の紐を緩める傾向に(笑)今年は前回の反省を踏まえて見やすい陳列にしてみたおかげか、小物を中心にどんどん売れていきます。
メイングラウンドはいつのまにかフランス車でびっしり埋め尽くされています。まさに壮観!それにしてもワンちゃんと参加の方が増えましたね~。

メイン会場ではイベント受付の放送が時折しますが、ここを離れるわけにはいかないので全てスルー(泣)パンフレットによると(パンフ裏)、泥んこジムカーナ大会、子どもお絵かき大会・玉入れ競争、恒例2CVクランク掛け大会、チャリティーオークション、ビンゴ大会などなど。一度も参加したこと無いから雰囲気が分からないです(泣)
メイングラウンド向こうのテント村では色んなショップが軒を連ねてますが、見に行きたくても行けないー。同業者の方々にご挨拶に伺えずに申し訳ないです。駐車場も見て回りたいけど行けないー。
早い方は昼前には帰りますが、入れ替わりでまたたくさんのフランス車が入ってきます。メイングラウンドは常に満車。

隙を見つけては昨日買ったパンを立ち食いし、テーブルの隙間が目立つようになったPM3頃に会場を見てきます。某エンスー雑誌の副編集長や埼玉の有名ショップの社長さんとお知り合いになれました。嬉しかったなー。事前にFacebookでやりとりした自動車評論家さんと会えなかったのは残念でした。

ここで会場の様子をご紹介。

こちらはテント村。素敵なグッズたくさんで散財必至!

こちらメイングラウンド駐車場。もうだいぶ少なくなった状態です。

こちらはショップ展示車。どれも素敵ですね。

一回りしたら片付け開始。梱包すると荷物が少ない少ない!空き箱ダンボールがたくさんになりました。お疲れ様でしたー!

軽くなったルーテシアR.S.とキャプチャーでのんびり帰ります。渋滞にハマっても周りがフランス車ばかりだと何だか嬉しいですね。来年もまた、同じ場所で会いましょう。

PM5、山を降りて諏訪インター手前のおぎのやでやっとまともな食事。何と名物釜飯は既に売り切れ!んじゃソースカツ丼にしましょう。

お腹を満たしたら高速道路へ。ここから大渋滞です。のんびり法定速度で大きなSA毎に休憩取りながら進みます。
まだまだフランス車比率は高めですが、長野から離れるにつれ少なくなっていきます。それぞれの帰り道、皆様無事に辿り着けますように。

PM10、休憩を多く取ったので事故もなく岡崎店に到着!荷物は明日下ろしましょう。という所で豊橋から来てくれたTくんは帰宅です。長い時間お手伝いありがとう!

と、長くなりましたがFBMの流れをお伝えしました。
フランス車って不思議ですよね。こんなメーカーの垣根を越えた大イベントって他では殆ど無いですから。たぶん、クルマというものをエゴや自慢やスピードだけでなく、人生を豊かにするパートナーとしてみている人が多いからこそ、フレンチだけこういった楽しいイベントが続いて行くんでしょうね。目的地までの移動や、ボタンひとつで何でもできるような便利なクルマは他にもたくさんあります。でも、クルマってそれだけのものじゃないと思います。クルマに乗るたびにワクワクした気持ちを思い起こさせてくれる存在なら、素敵な出会いや毎日に満ち溢れるはず。

ルノー岡崎を始めガレージ新和グループでは人生を楽しむスパイスとなる楽しいクルマをたくさん揃えています。新しいパートナーを探しに来てみませんか?来年は、一緒にフレンチブルーミーティング、楽しみましょう。旅のパートナーのご相談はいつでもどうぞ!


現在位置:ガレージ新和グループ ホーム >ガレージ新和グループニュース > フレチブルーミーティング2015レポート
 
オンライン車検予約